予約について
MENU
予約について

アトピー性皮膚炎について小山市城東の小児科・アレルギー科 みなみこどもクリニック

dermatologyアトピー性皮膚炎について

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、分かりやすくいうと、「左右対称のかゆい湿疹が2か月以上(1歳からは6か月以上)続く病気」です。良くなったり、悪くなったりします。また、お子様やご家族に、気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎があったり、血液中のIgE抗体が作られやすい体質(アトピー素因)をもっていることが多いです。

診断

1)掻痒(かゆみ)、2)特徴的皮疹と分布(左右対称で、頚部、肘、膝の裏、体幹などにみられます)、3)慢性・反復性経過(乳児では2か月以上,1歳からは6か月以上続く)の3項目を満たすものを症状の軽重を問わず、アトピー性皮膚炎と診断します。

検査

上記の項目で診断できますが、参考として血液検査を行います。特異的IgE抗体(ダニ、ハウスダスト、卵白、ミルク、カンジダ、スギなど)や、病気の程度を評価するのに、血清総IgE値、LDH値、TARC値、末梢血好酸球数などを調べます。

治療方法

症状を改善するために大切なのは、スキンケアです。普通の石けんを用いて優しく洗って清潔にします。皮膚の乾燥がある場合には、ワセリンやヘパリン類似物質含有の保湿剤(ヒルドイド®など)を用いて保湿を行います。そのことにより、乾燥してカサカサした皮膚(ドライスキン)が潤うことにより、皮膚のバリア機能が良くなります。
症状が改善しない場合には、ステロイド外用薬を使用します。ステロイド外用薬は、強さが分かれており、また、皮膚の部位によっても吸収率が違いますので、湿疹の程度や、部位にあわせて使い分ける必要があります。詳しい使用方法は、診察時に医師にご相談ください。かゆみが強いときには、抗アレルギー薬の内服を行うこともあります。また、より高度な治療が必要な場合には、専門施設に紹介させていただきます。

診療案内

pagetop