予約について
MENU
予約について

医師紹介南孝臣 小山市城東の小児科/アレルギー科 みなみこどもクリニック

ご挨拶

当院の理念

みなみこどもクリニックでは、「真・善・美」に基づいた病気の診断と治療を通して、患者さまとご家族の不安を取り除き、幸福に貢献することをミッションと考えています。具体的には、つぎの3点です。

  • 正しい知識、最新の情報に基づいて、適切な診断と治療を提供します。同じ病気でも、おひとりおひとりの病状にあわせた医療を提供します。
  • 患者さまやご家族の立場で考えます。スタッフ一丸となって、誠心誠意、患者さまやご家族の不安を取り除くように努めます。
  • 丁寧でかつスムーズな診療を提供します。清潔で美しく、患者さまにご満足いただける医療、皆様が笑顔になる医療を目指します。

小児科専門医、小児循環器専門医として大学病院の総合診療外来とともに、心臓外来において数多くの先天性心疾患や川崎病の診療に携わってきた経験を活かし、地域の皆様のお役に立たせていただけるよう全力を尽くしてまいります。

みなみこどもクリニック 院長 南 孝臣
みなみこどもクリニック
院長 南 孝臣

専門医

  • 日本小児科学会 小児科専門医・認定小児科指導医
  • 日本小児循環器学会 小児循環器専門医
  • 日本医師会認定産業医
  • 難病指定医
  • 小児慢性特定疾病指定医

院長略歴

平成4年 自治医科大学医学部卒業
平成13年 和歌山県立医科大学大学院(医学博士課程)
平成17年 社会保険紀南病院 小児科医長
平成19年 社会保険紀南病院 小児科部長、感染予防対策委員
平成21年 自治医科大学小児科学/とちぎ子ども医療センター小児科 講師
平成23年 自治医科大学小児科 外来医長
平成24年 自治医科大学小児科 病棟医長、小児科医局長
平成25年 自治医科大学小児科 准教授
平成26年 (兼)自治医科大学附属病院 医療情報部委員、大学院看護研究科教員
平成27年 (兼)自治医科大学附属病院 医療安全対策部副部長
平成30年4月〜 みなみこどもクリニック開院
自治医科大学小児科学 非常勤講師
和歌山県立医科大学博士研究員
現在に至る

役職

タップして全文表示
  • 自治医科大学小児科学 非常勤講師
  • 和歌山県立医科大学博士研究員
  • 小山市小学校心臓検診委員
  • 栃木川崎病研究会運営委員(平成31年〜)
  • 小山地区医師会 小児医療対策・小児予防接種委員会委員(令和2年〜)
  • 小山地区医師会 感染症対策・予防接種委員会委員(令和2年〜)
  • 栃木県臨床循環器談話会運営委員(平成31年〜)
  • インフェクションコントロールドクター(H19-24年)
  • 日本小児科学会栃木県地方会学術委員(平成26-29年)
  • 日本小児循環器学会評議員(平成21~30年)
  • 日本川崎病学会運営委員(平成27年~30年)
  • 関東川崎病研究会運営委員(平成26~30年)
  • 栃木川崎病研究会代表世話人(平成26~30年)
  • 栃木小児循環器病研究会世話人(平成27~31年)
  • 和歌山小児循環器談話会運営委員(平成19-28年)
  • 和歌山川崎病研究会運営委員(平成19-23年)
  • 足利市心臓検診委員(平成22~30年)
閉じる

所属学会

  • 日本小児科学会
  • 日本小児循環器学会
  • 日本小児アレルギー学会
  • 日本川崎病学会
  • 日本循環器学会
  • 日本超音波医学会
  • 日本周産期新生児学会
  • 日本東洋医学会

論文業績〈抜粋〉

タップして全文表示
  • 英文
  • 1) Furui S, Seki S, Minami T, Goto G, Yamagata T. A case of Kawasaki disease complicated by acute disseminated encephalitis: A case of KD complicated by ADEM. Pediatrics Int. 2020;62(3).DOI: 10.1111/ped.14234
  • 2) Furui S, Minami T, Seki M, Suzuki S, Oka K, Matsubara D, Sato T, K, Ono S, Kawada M, Yamagata T.Effectiveness of Lobectomy in a Pediatric Patient with Pulmonary Hemorrhage and Hemoptysis Due to Pulmonary Vein Restenosis after Congenital Pulmonary Vein Stenosis Repair. Journal of pediatric cardiology and cardiac surgery 2019; 3(1),35-38.
  • 3) Matsubara D, Minami T, Seki M, Tamura D, Yamagata T.Occurrence of Kawasaki disease after simultaneous immunization.Pediatrics Int. 2019;61(11)DOI: 10.1111/ped.13965
  • 4) Yokoyama K, Minami T, Seki M, Okada Y, Kumangai H, Yamagata T. A boy with Alagille syndrome coexisting with mid-aortic syndrome and renovascular hypertension. Journal of Cardiology Cases 2019;21(1).DOI:10.1016/j.jccase.2019.09.010
  • 5) Matsubara D, Kataoka K, Matsubara T, Minami T, Yamagata T. Paradoxical brain embolism followed by percutaneous atrial septal closure: Stroke in a patient's thirties highlighting some issues surrounding brain stroke in an emergency setting. World J Emerg Med 2017;8:308-309.
  • 6) Ariga S, Miyamoto K, Minami T, Kurosawa H, Arisaka O. Infantile incomplete Kawasaki disease mimicking cervical purulent lymphadenitis with coronary artery aneurysm. Pediatr Int. 2017;59(9):1020-1022.
  • 7) Matsubara D, Suzuki Y, Yada Y, Minami T, Yamagata T. Anomalous origin of the left coronary artery from the pulmonary artery: Early manifestation preventing diagnosis. Int J Cardiol. 2017;239:7.
  • 8) Hirota Y, Minami T, Sato T, Yokomizo A, Matsumoto A, Goto M, Jinbo E, Yamamgata T. Xq26.1-26.3 duplication including MOSPD1 and GPC3 identified in boy with short stature and double outlet right ventricle. Am J Med Genet A. 2017;173(9):2446-2450.
  • 9) Ishibashi K, Aiba T, Kamiya C, Miyazaki A, Sakaguchi H, Wada M, Nakajima I, Miyamoto K, Okamura H, Noda T, Yamauchi T, Itoh H, Ohno S, Motomura H, Ogawa Y, Goto H, Minami T, Yagihara N, Watanabe H, Hasegawa K, Terasawa A, Mikami H, Ogino K, Nakano Y, Imashiro S, Fukushima Y, Tsuzuki Y, Asakura K, Yoshimatsu J, Shiraishi I, Kamakura S, Miyamoto Y, Yasuda S, Akasaka T, Horie M, Shimizu W, Kusano K. Arrhythmia risk and β-blocker therapy in pregnant women with long QT syndrome. Heart. 2017;103(17):1374-1379.
  • 10) Teraura H, Kotani K, Minami T, Takeshima T, Shimooki O, Kajii E. The serum concentration of soluble interleukin-2 receptor in patients with Kawasaki disease. Ann Clin Biochem. 2017;54(2):209-213.
  • 11) Iwazu Y, Minami T, Kotani K. Pulse Wave Velocity in Kawasaki Disease. Angiology. 2017;68(3):189-195.
  • 12) Anzai T, Minami T, Sato T, Furui S, Yamagata T. Treatment of a patient with Kawasaki disease associated with selective IgA deficiency by continuous infusion of cyclosporine A without intravenous immunoglobulin. Turk J Pediatr. 2016;58(6):666-668.
  • 13) Matsumoto A, Nozaki Y, Minami T, Jimbo EF, Shiraishi H, Takanori Y. 6q21–22 deletion syndrome with interrupted aortic arch. Human Genome Variation 2015;2:15015.
  • 14) Koibuchi H, Kotani K, Minami T, Konno K, Taniguchi N. Endothelial dysfunction by flow-mediated dilation assessed ultrasonically in patients with Kawasaki disease.Minerva Pediatr. 2016; 68; 143-7.
  • 15) Kotani K, Minami T, Abe T, Sato J, Taniguchi N, Yamada T. Development of a new point-of-care testing system for measuring white blood cell and C-reactive protein levels in whole blood samples. Clin Chim Acta.2014; 433:145-9.
  • 16) Minami T, Shiraishi H,Oka K, Odaka J, Ishii T, Takata A, Sato T, Kataoka K, Morimoto A, Momoi MY. Continuous Infusion of Cyclosporin A in Intravenous Immunoglobulin Resistant Kawasaki Disease Patients. Jichi Medical University Journal 2011;34:109-115
  • 和文
  • 1) 南 孝臣. 血管を俯瞰する. 川崎病. 診断と治療 2018; Vol.106(2).
  • 2) 南 孝臣.小児における心臓原発の炎症性筋線維芽細胞腫とマネジメント.日小循誌2016;32:319-320.
  • 3) 前川慶之, 宮原義典, 吉積功, 河田政明, 南 孝臣, 佐藤智幸, 横溝亜希子, 岡健介, 古井貞浩, 片岡功一. 総肺静脈還流異常,心房中隔欠損を伴うFallot四徴症に対し二期的修復を施行した1例. 胸部外科2016;69:858-861.
  • 4) 佐藤智幸, 南 孝臣, 古井 貞浩, 岡 健介, 横溝亜希子, 松原大輔, 片岡功一, 山形崇倫, 前川慶之, 宮原義典, 河田政明. 大動脈弓離断症術後に重度の左肺動脈狭窄を合併したCrossed pulmonary arteriesの2例. 日小循誌 2015;31:278-281.
  • 5) 鈴木峻, 南 孝臣, 籏義仁, 佐藤智幸, 横溝 亜希子, 岡健介, 白石裕比湖, 片岡功一, 多賀直行, 河田政明, 山形崇倫. 乳児期早期までに頻拍誘発性心筋症を発症したWolff-Parkinson-White症候群の2例. 小児臨2014;67:1735-1740.
  • 6) 古井貞浩、南 孝臣, 高田 亜希子, 岡 健介, 片岡 功一, 山形崇倫, 桃井 真里子, 宮原 義典, 河田 政明.両側肺動脈絞扼術後の肺動脈狭窄に対して経皮的バルーン拡大術が有効であった3例.小児臨 2014; 67:1321-24.
  • 7) 南 孝臣、岡健介, 石井朋之, 佐藤 智幸, 横溝亜希子, 山崎雅世, 宮澤陽美, 小森 咲子, 片岡功一, 山形崇倫. 川崎病に5回罹患した7歳男児例.心臓2014;46:671-672.
閉じる
pagetop