予約について
MENU
予約について

伝染性軟属腫(みずいぼ)について小山市城東の小児科・アレルギー科 みなみこどもクリニック

dermatology伝染性軟属腫(みずいぼ)について

伝染性軟属腫(みずいぼ)とは

伝染性軟属腫(みずいぼ)は、伝染性軟属腫ウイルスが皮膚に感染することによりおこる病気です。皮膚のバリア機能の弱い、小児に多い病気で、「水っぽい、光沢のある皮疹」ができることから、「みずいぼ」とも呼ばれています。

みずいぼの症状

体や手足の皮膚の薄いところにできやすく、直径1~5ミリ程度の水っぽい光沢をもち、中央にくぼみのある皮疹ができます。みずいぼの多くは、接触感染(経皮感染)します。「みずいぼ」の患者様の皮疹や、ウイルスが付いた物や手が皮膚に触れることで感染します。

みずいぼの治療方法

みずいぼの数が増えないうちに、特殊なピンセットで取ります。痛いため、当院では、痛み止めのテープを貼り付けてから取ることも多いです。みずいぼのウイルスに対する特効薬はありませんが、漢方薬や液体窒素を用いた方法も行われています。お子様がかいて拡げなければ、6か月〜1年という長い期間では、自然に治ることも経験しますが、増えてしまってからでは、取るのに苦痛がともなうので、早期に取ることをおすすめしています。

皮膚のケア

特に乾燥肌やアトピー性皮膚炎のお子様は、皮膚のバリア機能が低下していることがあるため、「みずいぼ」にかかりやすくなります。保湿剤で乾燥を防いだり、アトピー性皮膚炎を治療することで、皮膚のバリア機能を改善することも大切です。

登園・登校について

みずいぼを衣類、包帯、耐水性絆創膏などで覆って、他のお子様への感染を防ぐ。プールの水では感染しないので、入ってもかまわないとされています。(小山地区医師会登園届より)

診療案内

pagetop